アングル丁番のサイズによる種類

アングル丁番のサイズによる種類

 丁番、修理、蝶番、交換、扉、開かない、スライド、アングル

家具で主に使用するのは15×2020×2024×20になります。

この中でも20×20の交換修理が多いので少しだけ

在庫を確保しています。

※建具などは、もっと大きなサイズが多いです。

サイズの目安は扉厚み(A)×側板厚み(B)になります。

 

交換するにはそれなりの知識が必要で上記画像の寸法以外に

金物自体の厚み形の採寸が大事で難しい作業になります。

丁番(蝶番)代金を無駄にしない為にも確り調べる必要があります。

丁番、修理、蝶番、交換、扉、開かない、スライド、アングル

 

写真はKSS刻印Aの刻印アングル丁番(蝶番)

対比です。

見て分かるように違いが分かると思いますが

実は同じサイズなんです。

なので加工なしでは交換は出来ません

加工するにも特殊な道具と治具(補助)も必要で

治具製作から始めていかなければならないのです。

特殊な道具はフォスナビット・丸い穴をあける刃物で

充電ドライバーやドリル盤などで使用します。

実際に空いてる穴の位置を変えるには元の穴埋めが必要で

作業工程としては

  1. 穴埋め
  2. 研磨にて平らに
  3. フォスナビットで新規に穴あけ
  4. 木地が見える場合は着色
  5. 新しい丁番(蝶番)取付
  6. 本体に取付
  7. 動作確認

簡単に思われる丁番(蝶番)交換修理

如何に分からなく綺麗に早く仕上げるかがプロ

即ち家具で生計を立ててる我々の腕の見せ場でもあります。

まとめて書きますとアングル丁番(蝶番)サイズだけで

全てのメーカー共通しているわけではありません

もちろん新規に取り付ける場合は別ですが

交換修理では金物の選別が大変重要で交換作業の

全てであります。


扉の丁番(蝶番)修理を希望の場合

お問い合わせは下記より選択してください。

  1. お問い合わせフォーム
  2. お問い合わせ写真添付フォーム
  3. 電話 06-6777-4033
  4. ファックス 06-6777-4034
  5. メール info@poaceae.jp

直接引取り対応地域は大阪全域で近畿地域も対象になります。

その他のお客様には配送業者にて受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせください。

桐箪笥の配送業者はヤマト運輪になります。

お問い合わせからのお申し込み、またはお電話1本でご自宅まで引き取りに伺います。

ご指定の日にち・時間帯に2名のスタッフで伺い、箪笥を丁寧・スピーディーに梱包・搬出します。

  • ※お荷物の量や大きさによっては、1名でお伺いする場合があります。
  • ※伝票もスタッフがお持ちします。
  • ※一部の地域では、日にち、時間帯の指定ができない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。