テーブルや食卓についた傷の修理 その3艶合わせ

傷の穴埋めが終わり、着色も終わりましたら

残るのは艶です。どのくらい光が反射するのか大事なんです。

色がバッチリあっても艶が違えば違和感が凄いので

最後まで手を抜かずに仕上げます。


缶スプレーでも可能ですが結構高価でポアシアで出張時に使う

ウレタンクリアは1つ1000円位します。

基本は工場で作業なのでコンプレッサを使い吹き付けにて

艶を合わせますが難しいのが何部艶塗ればいいのかの判断になります。

多くの家具で使用しているトップ塗料は3部消し、5部消し、7部消しが多い

まれに120%消し、全艶など特殊なケースもございます。

ポアシアでは2液ウレタンを基本に使いますがオイルフィニッシュや

カシュー、漆、蝋仕上げに対応しています。

世間ではソープ仕上げや天然素材による仕上げも人気ですが

メンテナンス面ではウレタンがダントツに良い最終塗膜だと思います。


缶スプレーで仕上げる場合お勧めなのは鵜澤化工さんのhosyuruです

意外に細かいミストで一般の方でも吹き付けやすい

何回も重ねると良いです。最初は傷部分に2回目は少し広めに

どんどん範囲を広げて吹き付けると目立たなくなります。


 

塗装が終わりますと表面にミスト状の塗料が空気中で固まり塗膜に付く

ザラザラした感じの物があると思います。我々は「ぶつ」と呼びますが

この「ぶつ」を取るのも仕上げに影響しますので艶に影響が出ないように

ふき取るか専用の液体を塗り込むと良いと思います。

ポアシアでは5000番ほどのペーパーでサッと取り除きますが

もちろん全艶などは「ぶつ」が出ないように真剣に吹き付けます。

もし出た場合はサンドペーパーで研磨して再度吹き付け・・

綺麗に仕上がるまで繰り返します。

家具修理を始めた頃は仕上げを何度も何度も吹き付けた

苦い記憶がございます。


 今回は傷の種類から補修方法として3つの説明です。

分からないことがあれば気軽に質問ください。

・テーブルや食卓についた傷の修理 その1傷の種類はこちら

・テーブルや食卓についた傷の修理 その2傷穴埋めはこちら

・テーブルや食卓についた傷の修理 その3艶合わせはこちら


修理をポアシアに依頼する場合は

お問い合わせは下記より選択してください。

  1. お問い合わせフォーム
  2. お問い合わせ写真添付フォーム
  3. 電話 06-6777-4033
  4. ファックス 06-6777-4034
  5. メール info@poaceae.jp

直接引取り対応地域は大阪全域で近畿地域も対象になります。

その他のお客様には配送業者にて受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせください。

桐箪笥の配送業者はヤマト運輪になります。

お問い合わせからのお申し込み、またはお電話1本でご自宅まで引き取りに伺います。

ご指定の日にち・時間帯に2名のスタッフで伺い、箪笥を丁寧・スピーディーに梱包・搬出します。

  • ※お荷物の量や大きさによっては、1名でお伺いする場合があります。
  • ※伝票もスタッフがお持ちします。
  • ※一部の地域では、日にち、時間帯の指定ができない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。