スライド丁番(蝶番)の施工手順

スライド丁番(蝶番)施工手順

1.穴あけ

スライド、丁番、蝶番、修理、交換、故障

 

取付するスライド丁番(蝶番)のカタログ値

カップ数の穴をあけます。

基本的に26.35.40mmの3種類があり

穴あけ工具として刃物はフォスナビットを使用します。

 

2.丁番(蝶番)本体取付

スライド、丁番、蝶番、扉、故障、閉まらない、開かない

 

 

本体の取付ですが丁番(蝶番)を開いた状態で

扉に直角になる様に取付します。

高さ方向は3mm以上狂うと調整でもカバー出来ないので

確り墨付けしてします。(穴開けの時)

 

3.座金の取付

スライド、丁番、蝶番、交換、修理、大阪

 

カタログ値を参考に墨付けして

ポンチで軽く印してから取り付けると良いでしょう。

ポアシアでは4本ビスタイプの座金をよく使います。

 

 

4.本体と座金を取付

丁番、蝶番、修理、交換、扉、箪笥、キャビネット

 

ワンタッチの場合はカッチと音が鳴るまで

押し込みます。

ネジ止めは扉をもう一人に支えてもらい

落下防止に気を付けて作業しましょう。

 

5.スライド丁番(蝶番)調整

丁番、蝶番、修理、交換、扉、開かない、閉まらない

最近のスライド丁番(蝶番)は

横・奥行、高さ方向の調整が可能です。

本体に合わせて水平に調整し、もし両開きの扉だと

扉と扉の隙間を同じ広さにすると綺麗に取付できます。

 

以上でスライド丁番(蝶番)の施工手順は終わりです。

上記の記載は新規に取付です。

交換修理では手順自体は減りますが、丁番(蝶番)選定で

如何に同じ動作、カップ数、開き軌道なのかが大事です。

またビス穴は変わるので古いビス穴をどう処理するかも

交換修理では大事な要素でもあります。


扉の丁番(蝶番)修理を希望の場合

お問い合わせは下記より選択してください。

  1. お問い合わせフォーム
  2. お問い合わせ写真添付フォーム
  3. 電話 06-6777-4033
  4. ファックス 06-6777-4034
  5. メール info@poaceae.jp

直接引取り対応地域は大阪全域で近畿地域も対象になります。

その他のお客様には配送業者にて受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせください。

桐箪笥の配送業者はヤマト運輪になります。

お問い合わせからのお申し込み、またはお電話1本でご自宅まで引き取りに伺います。

ご指定の日にち・時間帯に2名のスタッフで伺い、箪笥を丁寧・スピーディーに梱包・搬出します。

  • ※お荷物の量や大きさによっては、1名でお伺いする場合があります。
  • ※伝票もスタッフがお持ちします。
  • ※一部の地域では、日にち、時間帯の指定ができない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

スライド丁番(蝶番)交換修理希望のお客様は下記の必要事項を参考にしてください


修理で必要な情報

  1. カップ数
  2. インセット・アウトセット
  3. キャッチの有無
  4. 修理交換丁番(蝶番)の数
  5. 分かるなら丁番(蝶番)製造元

修理にかかる費用

基本料金 + 丁番(蝶番)金物代金 + 交換費用 + 交通費用 = お支払金額

  1. 基本料金: 一律 5,000円になっております。
  2. 丁番(蝶番)金物代金: 座金、スペーサーを合わせた金額です。
  3. 交換費用:金物代金と同じ金額になります。
  4. 交通費用:当工房より1kmに対して100円換算です。(グーグルマップにて計算)

修理依頼の手順

  1. 電話・ファックス・メールで必要事項をお伝えください。
  2. 1~3日までに見積書をお送りします
  3. 施工日を決めていただきます。
  4. 施工完了にてお支払になります。

出張見積もり

見積もり自体は無料ですが交通費はかかります。

上限5,000円で当工房より1kmに対して100円換算です。(グーグルマップにて計算)

有料道路使用料金はは別途必要になります。

 

2015/07/08