現在販売されてるアングル丁番

市販で手に入るアングル丁番(蝶番)は私が知る限り2社で

もっと私の知らない業者さんが存在するかも知らないですが・・・

知っている場合はメールください。

追記させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。


 

実際に販売されているアングル丁番(蝶番)は3種類ですが定かではありません。

輸入家具が増えておりスライド丁番(蝶番)が主流になった現在では

調べるのも一苦労ですが調べても情報が無いのが残念です。

判断材料としましてはポアシアで採用しているのが刻印です。

刻印の種類としましては

K、KSS、A、RABBIT、無印があります。

何回も申し上げますが他にも可能性はあるので広い視野で

見てください。

 

KSSの刻印

丁番、修理、蝶番、交換、扉、開かない、スライド、アングル

 

アングル丁番(蝶番)交換修理で一番多いのはKSSの刻印です。

KSSとは現在は存在していませんが

大阪の日本橋に昔あった木村新という会社で製造していたもので

金物屋の年輩の方しか覚えてない古い情報ですが

現在でもアングル丁番(蝶番)がついてる家具自体は

使用されてる方が多いのが現状です。

注意:KSSは在庫ございません。10年以上製造されていません。

扉の加工にて他のアングル丁番(蝶番)を交換修理できます。


 

RABBITの刻印

丁番、修理、蝶番、交換、扉、開かない、スライド、アングル

 

販売されてるアングル丁番(蝶番)では種類もあり

後に記載する和気産業さんと

2つの選択肢しかないと思います。

 

 

 

 


 

RABBITアングル丁番(蝶番)詳細はこちら

 


Kの刻印

 丁番、修理、蝶番、交換、扉、開かない、スライド、アングル
 

 耐久性に欠けるみたいで評判は良くないですが

現在も販売している数少ないアングル丁番(蝶番)です。

 

 
 
 
 
 
 

Aの刻印

 
 丁番、修理、蝶番、交換、扉、開かない、スライド、アングル

画像が見えにくいですが

Aの刻印がされています。

現在もSOWAのカタログにしっかりと書いてあり

販売されております。

 

 


 

 

 扉の丁番(蝶番)修理を希望の場合

お問い合わせは下記より選択してください。

  1. お問い合わせフォーム
  2. お問い合わせ写真添付フォーム
  3. 電話 06-6777-4033
  4. ファックス 06-6777-4034
  5. メール info@poaceae.jp

直接引取り対応地域は大阪全域で近畿地域も対象になります。

その他のお客様には配送業者にて受け付けておりますので

お気軽にお問い合わせください。

桐箪笥の配送業者はヤマト運輪になります。

お問い合わせからのお申し込み、またはお電話1本でご自宅まで引き取りに伺います。

ご指定の日にち・時間帯に2名のスタッフで伺い、箪笥を丁寧・スピーディーに梱包・搬出します。

  • ※お荷物の量や大きさによっては、1名でお伺いする場合があります。
  • ※伝票もスタッフがお持ちします。
  • ※一部の地域では、日にち、時間帯の指定ができない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。